会社沿革

image_old

大正12年5月 東京建鐵株式会社(現 日本建鐵株式会社)の代理販売を業務として清水庫之助が函館に清水営業所を創業
 昭和21年1月 資本金10万円、有限会社清水営業所を設立
 昭和25年3月 函館工場落成
 昭和35年10月 初代社長 清水庫之助死去(函館市・称名寺に眠る)
 昭和35年11月 清水塙一 社長に就任
 昭和37年4月 清水サッシ工業株式会社に社名変更
 昭和39年3月 札幌にアルミ建具工場を新設
 昭和43年5月 清水塙一 会長に就任
村田晴郎 社長に就任
青森出張所を閉鎖し、業務を日本建鐵株式会社仙台営業所に引継ぐ
函館工場、札幌第1工場を札幌アルミ工場に集約し、総合工場として移設・整備を完了
 昭和52年2月 清水サッシ工業株式会社函館営業所を閉鎖
 昭和52年4月 清水塙一会長より発祥地を引継ぎ、道南清水サッシ株式会社を設立
清水サッシ工業及び吉田工業株式会社(現 YKK株式会社)の代理店としてアルミ、スチール建具の設計・施工販売を行う
中田泰司 社長に就任
 平成7年12月 社屋落成、アルミ加工工場改修完了
 平成8年6月 資本金3,000万円に増資
 平成26年9月 道内初となる高速6軸タレット型NC加工機を導入